医者と婦人

妊活におすすめの葉酸サプリ!食事で摂るのは難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊症の治療

先生

不妊症は妊娠ができる確率が低下している症状であり、適切な治療を受けることによって妊娠できる確率を高められます。京都の産婦人科の病院では不妊治療を行っており、赤ちゃんが授かる可能性が高まります。京都の産婦人科が行っている不妊治療には、タイミング療法や人工授精、体外受精や顕微授精などがあります。不妊治療の手順はタイミング療法から開始し、タイミング療法で妊娠できなかった時には人工授精や体外受精が行われます。タイミング療法では、基礎体温の測定や超音波検査、尿ホルモン検査などを行い、排卵の時期を予測します。排卵時期に性行為を行うことによって、妊娠できる可能性が大幅に高まります。タイミング療法は保険診療が可能ですので、安い費用で不妊治療ができます。

不妊症の治療をする際には、まず初めに卵管の検査が行われます。卵管は卵子と精子が出会う場所で、卵管が塞がっていると受精ができなくなるので、人工授精による不妊治療が行われます。人工授精は男性の精液を人工的に子宮に注入する不妊治療であり、妊娠の可能性を大きく高めることができます。男性の精子の数が少ない場合にも人工授精は有効で、男性側に問題がある不妊症でも妊娠する可能性が高まります。京都の産婦人科の病院では人工授精による不妊治療を行っており、1回あたり2万円から3万円程度で治療が受けられます。人工授精は健康保険適用外ですが、タイミング療法だと保険診療で不妊治療が受けられます。京都の産婦人科ではタイミング療法による不妊治療も行っており、費用は1回当たり数千円程度です。